2018年05月17日

ジェフ・ベゾスが紙ナプキンの裏に描いたビジネスモデル(growth cycle)

米国と日本のeコマースや大手小売業、運送業の現状について認識を新たにできた。
EDLP戦略のロジスティック上の意義や、従軍経験者やウォルマート出身者がアマゾンの創業後の急成長を主導


通信販売は良く利用しますが、コンビニ受け取りしたいときは、Amazon.co.jp
で、すぐに入手したいときはヨドバシで等、場面場面で使い分け。


会社で昼休みに kindle アプリで購入して、帰宅する電車で一気読みしました。
AWS の研修で見聞した、『ジェフ・ベゾスが紙ナプキンの裏に描いたビジネスモ
デル(growth cycle)』が頭の中でグルグルしてました。


Jet.com や Google Express のその後とか、米国や日本で強いアマゾンが、ヨー
ロッパ圏ではどうなのとか、アジア圏でのアマゾン vs アリババはどうなのよと
か、世界各地にアマゾン対立軸があるんだろうから各地の局地戦で続編を読みた
くなります。


ラベル:アマゾン
posted by 楽器ショピングスタッフブログ at 22:06| Comment(0) | ビジネスモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする