2020年01月08日

<500枚!>京都、奈良のことについて教えて

<500枚!>京都、奈良のことについて教えてください。<500枚!>京都、奈良のことについて教えてください。 次の場所の魅力、行ってみた感想、驚いた事、雑学や面白い歴史などの何でもいいので知っている事を教えてください。





〜〜奈良〜〜



1、奈良坂

2、般若寺

3、円成寺



〜〜京都〜〜



大原



三千院・寂光院・来迎院・勝林院





ほんとに、どんな些細なことでもかまいませんので、よろしくお願いいたします。















京都・奈良観光タクシー穴場プランと京都・奈良の観光情報なので参考にしてみて下さい。
posted by 楽器ショピングスタッフブログ at 20:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

償却資産の申告についておしえてください。償却

償却資産の申告についておしえてください。償却資産の申告についておしえてください。 毎年1月に市に提出する償却資産の申告ですが、申告の対象となる資産の中に「小額償却資産等(別表1)」とあります。



別表1には、国税の欄に@使用可能期間が1年未満の償却資産又は取得原価が10万円未満の償却資産でその取得に要した経費の全部が法人税又は所得税法の規定による所得の計算上一時に損金又は必要な経費に参入されたもの。



A税務会計において取得原価が20万円未満の原価償却資産で、事業年度ごとに一括して3年間で償却を行うもの。



B上記以外のもの



とあります。どなたか詳しくおしえていただけませんでしょうか?少額減価償却資産のは

2つのものがあります。



>@使用可能期間が1年未満の償却資産又は

>取得原価が10万円未満の償却資産でその取得に要した

>経費の全部が法人税又は所得税法の規定による所得の計算上

>一時に損金又は必要な経費に参入されたもの。



これは、法人税や所得税の法律自体(本法)で

一時に損金又は必要な経費に算入をみとめたもの。





もう一つは、租税特別措置法という法律で、

中小企業者の取得原価が30万円未満のものを、

一時に損金又は必要な経費に算入を認めているもの



です。





税特別措置法の中小企業者の

取得原価が30万円未満を適用したものは、

償却資産税の課税対象です。



償却資産税の申告の手引(東京都)

200912_c.pdf



6−7ページを参考に!
posted by 楽器ショピングスタッフブログ at 13:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

下北沢で安くて良いものがあるとか、おすすめの

下北沢で安くて良いものがあるとか、おすすめの古着屋がありましたら教えてくださ...下北沢で安くて良いものがあるとか、おすすめの古着屋がありましたら教えてください!

下北在住です。いい古着もおもしろい雑貨も多いですよ。

古着屋にもタイプがあるので、どこをお勧めしていいやら。。。



昔からあるのはシカゴ。デニム アーミー物 70'S 60'S等 掘り出しあります。(メンズ中心)

メンズTの状態の良い物なら 一番街にあるモスバーガーの近くの雑貨屋の中で販売してます。



レディスなら 北口を出て本屋の2軒先くらいにある所の古着は状態もよくかわいいレディスが充実です。



あと、DC物の古着なら RAG TAG。。。。



その他 見落としがちなビルの2Fとか 路地の中とか 古着屋は本当に多いのでゆっくり時間をかけて 探索して見て下さい。

古着との出合いはタイミングもあるので、一つに限定してここに書ききる事は不可能ですので、ゆっくり時間をかけてお探しされる事をお勧めします。



下北の本屋さんには HANAKO等のタウン情報誌のバッグナンバーの下北特集は常備販売されていますので、地元の本屋で情報ゲットする事も可能です。
posted by 楽器ショピングスタッフブログ at 12:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大学のゼミでヨーロッパファッションについて色

大学のゼミでヨーロッパファッションについて色々調べています。

「ファッション...大学のゼミでヨーロッパファッションについて色々調べています。

「ファッションの歴史」という本に出会ったのですが、その本の著者はブランシュ ペインという方です。 ペイン,ブランシュ

1897年生‐1972年没。ワシントン大学家政学部教授。服飾の歴史について教鞭を執る。アメリカ、ヨーロッパをはじめ、各地の研究機関や蒐集室を訪ね、数多くの衣裳や関連資料にあたる一方、フランスのデザイナーから実際の制作技術を学ぶなど、服飾に関する総合的な研究をおこなった

本の著者紹介より。

私、この方がとても気になってこの方について色々調べていますが、しかし、なかなかこの方についての事を書かれたサイトが見つかりません。なぜこの方が気になるかというとこの方と同じような分野について研究したいからです。そこでこの方はどのような人か、どんな学歴だったかとてもきになりました。

詳しい方英語サイトでも日本語サイトでもいいのですが、教えてください。他の方からの回答がないようなので、ヒントになれば…と思い記入いたします。

まったく参考にならなかったり、すでに知っていることであればすみません。



私はブランシュペインは知らないのですが、ヨーロッパのファッションについて調べるのであれば

日本における服飾史の最高研究機関は京都服飾研究文化財団だと思います。



日本における服飾関連の美術展には、こちらの所蔵物が多く展示されています。

こちらに問い合わせて見るのも手かもしれません。



神戸ファッション美術館にも沢山蔵書がありますので、学芸員の方に伺えばヒントをいただけるかもしれません。



また、大阪芸術大学の美学の教授にも服飾史に詳しい方がいらっしゃると聞いたことがあります。

神戸芸術大学にも服飾の学部があるのですが、そういった専門の大学に、教授を通して相談するとかは難しいでしょうか?



東京であれば、江東区にある東京都現代美術館が、東京では服飾企画展を多く取り行っていて

蔵書も豊富というほどではありませんが、なかなかの数を揃えています。

国会図書館も手かもしれませんね。



あとは、文化服装学院の図書館。私は入ったことはないのですが、かなりの蔵書があるようです。

こちらに入るには在学生という必要がありますが、もうひとつの手段としては通信教育をとっていると入れるようです。



私は服飾企画展には必ず足を運んでいていくつか企画展のカタログを持っていますが、

ペインブランシュの名前は見つけることができませんでした。



何かお役に立てればよいのですが。
posted by 楽器ショピングスタッフブログ at 11:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月07日の学期つぶやき






































posted by 楽器ショピングスタッフブログ at 00:01| Comment(0) | ビジネスモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする