2020年02月07日

車の運転に慣れません。

車の運転に慣れません。



1月の終わりに免許を取得しまして、2月1日から家の車に...車の運転に慣れません。



1月の終わりに免許を取得しまして、2月1日から家の車に乗り始め

ました。



普段は仕事が終わった後週に2日位

練習のため1〜2時間運転しています。



でも、他に 車がいなくてひとりで走

ってる時は普通なのですが、特に対

向車が来るとぶつかるんじゃないか

とドキドキして、後ろに車が来たら

遅いからイライラされてると焦りフ

ラついてしまいます。

また、運転していると左側を擦るん

じゃないかとついセンターにより気

味になってまた修正するのにフラつ

いて‥



田舎で夜はほぼ点滅信号のためかみ

んな法定速度+20km〜が当たり前で、+10km位ではプチ渋滞になり

かなりイライラされて、車線が破線

になったとたんすごい勢いでバンバ

ン追い越されます(涙

しかも道は坂道だらけでカーブだら

けです。



まずは車線の真ん中をふらつかずに

走るコツと、下り坂をなるべくフッ

トブレーキを使わないで運転できる

コツを教えてください。沢山のアドバイスありがとうございます。目線が近いのはあると思いました。

サイドミラーで線を確認しすぎと自分でも思う時があります。前が落ち着いて

見れてません。

住んでいる地域は山を切り開いて宅地(田畑と森が多いですが)にしたところ

なので7~8km圏内は真っ直ぐな道、平らな道が少なく、常に登ってるか下って

るか。で、さらにカーブの連続です。初めての道では次のカーブの予測が出来な

くて涙ものです。

私は職場近くの街中で免許を取ったので最初はカーブに慣れるのにやっと、坂

道のアクセル調節に慣れるのにやっとといった状態です。でも、どうしても下り坂

のカーブは怖くてブレーキを踏んでしまいます。周りを見ているとカーブの前でも

坂の前でもブレーキを踏まずにスイスイと走っています。

あんな風になれるのだろうかと運転するほどに凹んでしまいます。身に着けるべきは車幅感覚ですね。

でもすぐ簡単に身につくもんでもありません。いろんな運転要素に慣れてきて気が付くと身についてるといった類のモノですから。



まず、ふらつくのは「視点が近い」。ある一点を凝視するのではなく、「目の力を抜いて」遠くまで視線を送りながら、視界を広くとるような感じを心がけてみてください。大丈夫、何か変化があれば瞬時にそこに焦点が合うように人間の目はできています。

センターをキープして走るのはまず、前の車両を基準にするといいです。先に書いた目線の送り方で、前の車両を見ていれば自然と前の車両と同様のラインを走っています。前の車両がどちらかに偏っているような時は多少アジャストすればいいのです。それと他の方も書いているように時折サイドミラーをみて左の路肩、もしくは右のラインとどれくらいの幅がある加確認するといいでしょう。



下りで「なるべくブレーキを使わず」って言うのは明らかに間違い。ちゃんと使ってください。

峠道などで「エンジンブレーキを使いましょう」と書いてあるのは、下り坂で下手くそがブレーキ踏みっぱなしでずっと走ってペ―パーロック現象を引き起こすのでわかりやすくしてあるためで、バイクに乗ってる人には自明の理ですが、下り坂だろうが運転の仕方は同じ。コーナー手前で充分な減速を「ブレーキング」で行い、旋回中は少しアクセルを当てながらしっかりグリップを確保するのが基本です。下りで重力がかかる分、平地よりもしっかり減速しなければならないだけの話です。

(ただし急な坂道で、直進自体に減速が必要な場合は1速か2速でアクセルを当て「エンジンブレーキ」で速度調整します。エンジンブレーキは速度を調整するものであって、減速するためのモノでは無いということです)



捕捉について(長くなるので前回答少し削りました)

>ブレーキを踏まずにスイスイ

そのカーブのRにもよりますが、そりゃ周りのドライバーがヘタクソなだけです。公道と言うのはあなたが思ってる以上にヘタクソだらけです。ブレーキを使わずスイスイということは、惰性のままアクセルオフの状態で車を振り回してるということです。実は一番危ない乗り方です。今の車やタイヤの性能が上がりそれに助けられてるに過ぎない。条件が少し悪くなれば簡単に「飛びます。」

それは上手くなったのではなく、恐怖感がマヒして鈍感になってるだけの話で、実はほとんどのドライバーに言えることです。

恐怖感と言うのはそれほどネガティブにとらえる必要はありません。危険を感じ取るセンサーが正常に働いてるということですから。



>カーブの予測

これはカーブミラーを活用しましょう。基本的にカーブミラーと言うのはカーブの頂点に位置しています。つまりミラーを境に手前と同じくらいの回り込みが奥にあると考えていいです。山岳部のヘヤピンなど大きく180度以上回り込むカーブではミラーが続けて2個あるところがありますが、これもコーナーが連続して2つ繋がっていると考えれば問題ありません。

逆にミラーのないところでは、大したRがついていないか、カーブが見えてる分で終わってるのかどちらかですから、あまり心配はいりません。皆さん参考になりましたが、カーブミラーの見方など今までそこまで余裕がなかったのですが、とても勉強になりました。

よい意味での恐怖感を忘れずに運転していきたいと思います。

ありがとうございました!
posted by 楽器ショピングスタッフブログ at 11:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の夕方6時くらいに友人の東邦銀行から

昨日の夕方6時くらいに友人の東邦銀行から

横浜銀行に振り込んでもらいました

...昨日の夕方6時くらいに友人の東邦銀行から

横浜銀行に振り込んでもらいました

ですが先ほど確認したところ振込まれてませんでした

なぜですか?

祝日だからですか?



急ぎで回答お願いしますそうです。翌営業日扱いで今日が祝日だからです。

銀行員です。振込みはATM利用でも3時までに振込みを完了しないと当日振込みになりません。3時以降は翌営業日扱いの振込み予約になります。

昨日の6時振込みだと翌営業日扱いで、明日の振込みです。振込みセンターから順次送信になりますので時間の約束はできませんが、午前中には着金すると思いますよ。
posted by 楽器ショピングスタッフブログ at 00:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月06日の学期つぶやき








posted by 楽器ショピングスタッフブログ at 00:01| Comment(0) | ビジネスモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする