2020年08月01日

今年3月に短大を卒業した20歳女です。就職活

今年3月に短大を卒業した20歳女です。就職活動について悩んでいます。今年3月に短大を卒業した20歳女です。就職活動について悩んでいます。 私は今年の3月に短大を卒業したのですが、お恥ずかしながら卒業までに内定を頂くことができず、現在はハローワークに通いながら就職活動を続ける毎日です。





短大の友人たちは皆仕事に就き、4月から新しい生活のスタートを切っていると考えると不安でどうしようもなく、夜も眠れなくなっています。

家族からは無言のプレッシャーといいますか、視線が痛く、母親からは「大人しく最初から商業高校に行っていれば良かったのに」と言われ、とてもショックでした。

短大時代や、はたまた高校時代の自分まで否定されて、落ち込んでいます。

自分なりに今まで頑張ってきたつもりだったのですが…。

弟もそろそろ就職活動にさしかかる歳なのですが、高専(工業高等専門学校)に通っているので就職に対する心配はほとんどないらしく、その話をされると私だけが責められているような気がして本当に辛いです。





在学中にワードやエクセルの資格を取得し、他の資格(珠算や秘書検定など)や自分の性格から考えると、やっぱり事務職に就きたいと思っているのですが、とても厳しいのが現状で…。

臨時職員や正社員の一般企業など、15社ほど応募してみたのですが全て落ちてしまいました。

経験不問と求人票にあっても、やはり事務は経験を重視される企業さんが多いようで、どうにも前に進めず困っています。

悩んでいても仕方ないと思い、簿記や医療事務の勉強もしつつ積極的に応募していこと考えているのですが、こんな私では事務職に就くのは難しいのでしょうか。

どなたか何かアドバイスがあればお願いいたします。志望動機は色々変えていますが、基本は「ワードやエクセルの資格を活かしたい」「6年間やっていた珠算を通して身につけた『できるだけ早く、正確に』という性格が事務に向いていると考えた」「簿記の検定を控えているところで、現在勉強中(もっとスキルアップしていきたい)」というようなことを書いています。いまどき、事務職正社員って、なかなか難しいと思います。企業は単純な事務ならパートやアルバイトで十分だと考えているので、そのような職種ではなかなか正社員の口はありませんし、あったとしても低賃金でアルバイトと変わらなかったりします。

たまに比較的条件のよい事務職の求人があると、中堅大(マーチや地元の国公立レベル)出身の女子が大勢応募してくるのが実態です。まず試験をするのですが、やはり厳しい大学受験を経験した4大卒の方が試験には強く、短大卒は不利です。

また、中堅大卒の女性は、地元の進学校クラスの高校を卒業していることが多いのですが、短大卒の出身高校はそれよりランクが落ちることが多いです。こうなると、採用する企業側も、基礎的な学力(地頭力)で差があると見てしまうので、簿記などの資格ではなかなか挽回できないのです。

じゃあどうするかと言えば、販売、接客、作業系の仕事まで範囲を拡げて捜してみることです。事務職へのこだわりを捨てることです。もし、それがどうしても嫌ならば、公務員試験でも受けるしかありません。

商業高校に行っとけばよかった、というのは真実かも知れません。今は、高校卒、短大卒、4大卒で就職先に大差がない、あるいは時として逆転しているのは普通のことです。あなただけが悩んでいるわけではありません。親としては、高い学費払って2年間通ったのは何だったんだ、と思うのも当然ですが、それが現実です。特に女子の場合、将来の進路を見据えた上で進学先を決める必要があると言うことです。これは今から進学しようとしている人への教訓ですが。
posted by 楽器ショピングスタッフブログ at 10:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: